ハルトコーティング耐衝撃試験結果報告

 

ハルトコーティングの衝撃吸収効果をより明確にするため、弊社では鉄球落下による衝撃試験を実施しました。また専門機関にも委託することで、より詳細かつ正確な試験結果を取得いたしました。

本ページでは各種試験の結果についてまとめ、各種資料の詳細をご紹介しております。

1.ハルトコーティング試料 基礎的TEM/EELS観察報告

日本最大規模の国立研究開発法人である産業技術総合研究所に依頼し、ハルトコーティングの性能について検査しました。

透過電子顕微鏡(TEM)に電子エネルギー損失分光法(EELS)試験を用いて、実際にハルトのセル状被膜が形成されている様子や、ハルトコーティングによる強靭性を検証しました。

2.ハルトコーティング・市販フィルム鉄球落下耐衝撃試験

ガラス板に鉄球を落とし、ハルト施工の有無により耐衝撃性にどの程度差が出るかを検証しました。また、ハルトはスマートフォン端末に施工することが多いため、ハルトとフィルムを併用した場合の効果についても併せて検証しております。

3.ハルトコーティング鉄球落下耐衝撃試験 動画

耐衝撃試験の様子を撮影し、その試験結果についてまとめた動画です。それぞれの試験パターンによる衝撃吸収性の違いのほか、ガラスの割れ方の違いもご確認いただけます。

※本試験はハルトコーティングによってガラスが割れないことを証明するものではございません。(実際のご使用状況により衝撃吸収性に多少差が出る場合もございます。)

4.早稲田大学協力 鉄球落下試験分析

早稲田大学ナノテクノロジープラットフォームに協力を依頼し、鉄球落下試験を用いてハルトの耐衝撃性を検証しました。こちらでも計4種類のスマートフォン用保護フィルムを使用し、ハルトとの相乗効果で更に耐衝撃性が高まったこと証明されています。

© 2019 アーテック株式会社

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。